サクセス・ストーリー

ジャガー・ランドローバーは、およそ180の国際市場で車両を販売する多国籍自動車会社で、生産の80%がイギリスから輸出されます。工場の半分以上(14,000)をグレーター・バーミンガムに置き、その主な先進エンジニアリング工場はソリハルとキャッスル・ブラミッチに、デザインと研究開発施設はゲイドンに、エンジニアリング・ヘッドクォーターはコベントリーに置きます。

重要な投資が各製造工場で行われ、キャッスル・ブラミッチ工場への最近の2億ポンドの投資では1,100の新たな仕事を生み、ソリハルの施設での先端アルミニウム技術への15億ポンドの投資では1,700の新たな仕事を生み出しました。

1情報源: ONS Business Register and Employment Survey

2 情報源: ONS Business Counts

3情報源: Regional Observatory Monitoring System        

[1] 情報源: Key Sectors for Inward Investment – PA Consulting, 2011

ジャガー・ランドローバーは、ブラック・カントリー企業ゾーンに新たな5億ポンドのエンジン製造センターを建設することによって、さらに地域に投資しています。ここでは、高出力で燃料効率がよいガソリンとディーゼルエンジンの新しいモデルを組み立てます。

ドイツ銀行は、その本部がフランクフルトにあるドイツの世界的なバンキング、金融サービスの大企業です。70カ国以上に100,000人以上の従業員を有し、ヨーロッパ、米州、アジア太平洋、新興成長市場においての大きな存在です。

ドイツ銀行は、2006年後半に、30人の従業員で最初のオフィスをバーミンガムに開きました。その最初の投資以来、地域最大手の外資系金融サービス企業へと成長しました。テクノロジー、サポート業務、フロント・オフィス機能における様々な役割で1000人以上のスタッフを雇用しています。重要なことに、現在バーミンガムのオフィスは以前はロンドンで処理されていた債権、上場先物、現金普通株の500のクライアントを担当し、それにより利益が150%増大し、スタッフ・レベルを二倍にする計画があります。

多国籍製菓会社であるキャドベリーは、約200年前の1824年にバーミンガムで創設され、現在世界で2番目に大きな菓子ブランドです。キャドベリーは、2010年2月2日にモンデリーズ・インターナショナル・グループの一員になりました。そして2012年に、イギリスへの1700万ポンドの投資の一部として、新しい世界的な研究開発センターをバーミンガムのボーンヴィルにオープンしました。

同社は、地域にとどまり利用可能な豊富な人材と才能と利用することにしました。新たなイノベーション研究所、テスト工場施設、テストに新しいアイディアを吹き込むための協同キッチンを含む「エクセレンス・センター」を設立します。

ASOS-この世界的なオンライン小売業者は、2013年にバーミンガムのカスタード・ファクトリーにオフィスを設立しました。同社は20人の非常に熟練した開発者を採用しました。彼らの役割は、フランスとドイツを含む成長市場の消費者のニーズに合わせた新しい企業用ウェブサイトを作成することでした。同社は、地域の技術クラスターであるカスタード・ファクトリーに居を構え、今後チームを拡大していく予定です。

Your basket

0 items

Contact

Contact Us