強力なテーマが、我々の誇り高い産業の歴史と、我々の幅広いセクターの強みを連結します。つまりそれは、事業と革新です。産業革命から現代の最先端生命科学研究まで、我々の地域は、成長と価値を築くうえで重要な役割を果たしてきました。

地域戦略の中心として、高成長セクターのクラスターを開発しま

最新エンジニアリング

グレーター・バーミンガムは産業革命の発祥地であり、「世界の工場」や「千の貿易の都市」といった呼び名で呼ばれました。この初期産業の遺産は、最新エンジニアリング・セクターの開発へとつながりました。自転車から始まり自動車へと進歩して、現在では、水素、電気およびハイブリッド自動車テクノロジーや、他の再生可能エネルギー生産の草分け的な開発に至りました。

4,500以上の最新エンジニアリング企業の拠点であり、グレーター・バーミンガムは、最新エンジニアリング・アクティビティの中心です。広範囲な最新エンジニアリング用サイト、非常に熟練した人員、強力で正確なエンジニアリング系統への投資と合わせ、企業が営業、成長し、そして高価値な研究と開発を行うには理想的な場所です。さらに、主要な製造メーカーと強力なサプライチェーンの存在により、SMEが成功して拡大するための大きな機会が生まれます。

  • 製造とエンジニアリングは、地域経済に72億ポンド以上を生み出しています。
  • 84,000人が、グレーター・バーミンガム地域の最新エンジニアリング分野で雇用されています。
  • 過去10年間で、9,500以上の最新製造業での仕事が海外直接投資によって生み出されました(MBRO データ)。
  • グレーター・バーミンガムはイギリス市場の90%以上に4時間以内の移動時間でアクセスでき、ロンドンにはわずか75分でアクセスできます。
  • サプライヤーネットワークの中心に位置するため、航空、道路、鉄道による物流コストを最小限にし、ヨーロッパ全域で4億人の人々にアクセスを提供します。
  • グレーター・バーミンガムには、1時間のドライブの範囲内に18の大学とエンジニアリングとテクノロジーを学ぶ22,000名の学生が存在します。
  • イギリスの熟練した最新エンジニアリングの労働人口の15%以上が、ウエスト・ミッドランズ地域に存在します。
  • グレーター・バーミンガムは、イギリスの自動車産業における雇用の最も高い集中率を誇ります。
  • この地域は、イギリスにおける自動車の研究開発の42%を占めます。
  • 3時間以内のドライブでイギリスに拠点を置くすべての自動車OEMにアクセスでき、また一次、二次、三次サプライヤーを含む自動車サプライチェーンのすべてにアクセスできる好条件。
  • イギリスの自動車生産のうち60%は、バーミンガムの100km圏内で行われます。
  • この地域は、イギリスにおける自動車産業の労働人口の30%を占めます。

 

ビジネス・プロフェッショナルと金融サービス(BPFS)

グレーター・バーミンガムには、ビジネス・プロフェッショナルと金融サービス・セクターのビジネスにとって最適な場所として強みがあります。それは、HR、保険、法律を含む専門分野セクターの専門的人材の豊富さによって証明されます。

  • 地域に154億ポンドをもたらす、イギリス最大の地域的BPFSハブ
  • ロンドン以外ではイギリス最大の専門的サービスの集中率
  • 多くの特化型、オーダーメイド型組織からなるヨーロッパ最大の保険市場の1つ
  • イギリス最大の法律協会の拠点
  • 主要な会計会社のための最大の地域センター
  • ブラインドリープレイス、コルモア商業地域、スノーヒルを含むバーミンガム中心地のAクラス事務所スペースの優れた可用性
  • 75分未満で首都への通勤を可能にする、イギリスの高速道路と鉄道ネットワークの中心に位置した他に類のない戦略的ロケーション
  • バーミンガムは、10,000人以上の金融専門家を有する、イギリス内でわずか4都市のうちの1つです
  • HR、保険、法律を含む専門分野セクターの専門的人材の豊富さ
  • 地域にある6つの大学と18の高等教育機関

 

生命科学

生命科学産業の動力室であり、この地域は広範囲な研究開発施設、学界とビジネスとの間の強い協同、ならびにヨーロッパ最大で最も多様な非一時的な患者人口を有します。最新技術の臨床施設、人口スケールと多様性、研究者と臨床医間の先駆的な協力関係により、グレーター・バーミンガムは医療技術と世界的ヘルスケアの最先端を行きます。

  • イギリスの他のどの地域よりも多い500以上の医療技術企業。情報源:Department for Business, Innovation & Skills、2014
  • 2015年にオープン予定のトランスレーショナル医療研究所
  • 国際的に認められた臨床学界
  • オックスフォード以外でヨーロッパ最大の臨床試験ベース
  • 5億4500万ポンドの新しいクイーン・エリザベス病院を通しての生命科学インフラへの迅速なアクセス
  • トランスレーショナル医療の完全なサークルを完成することができる、国際的に極めて少ないセンターの1つ(MRC Translational Roadmap Peer Review)
  • バーミンガム大学には、国内で2番目に大きな医学部があります。地域内の大学は、医療、生化学、エンジニアリング、関連した分野の優秀な卒業生を数多く輩出し、投資家の将来のニーズを満たします
  • 6000万ポンドを投じた、都市の第2の医学部をつくるための開発 – アストン医科大学を2017年にオープン予定
  • 高品質のITインフラが、生命科学アクティビティをサポート:QEHBは、臨床決定支援システムのデザイン、提供、商業化において世界クラスの実績を誇ります
  • バーミンガム・ヘルスパートナーは研究者と臨床医の間の先駆的な同盟であり、臨床学的アウトプットと、SMEと世界的な製薬会社との相互作用を最大のものにします
  • この地域には、臨床学的プログラム、臨床試験、トランスレーショナル研究における国際的な評判と証明された実績があります
  • イギリス最大のウエルカム財団臨床研究施設、肝疾患の国立生医学研究ユニット、初のCRUK癌センター、イギリス最大の癌専門試験ユニット、国立精神的外傷研究センターの拠点
  • スミスウィックで2016年に施工を開始し2019年に建設完了予定の3億5300万ポンドを投じた新しいミッドランド・メトロポリタン病院は、人口50万人以上の地域をカバーし、医学的、経済的にウェスト・ミッドランズを利益をもたらすでしょう。

 

情報テクノロジー、エレクトロニクスと通信

この地域は、クリエイティブ機関、ゲーム会社、世界的テクノロジー大企業のために優れた技術的インフラと数多くのスキルを提供し、有能な人材を安定供給します。バーミンガムとその周囲の地域は、非常に重要で急成長する広範囲なデジタル・セクターに、豊かな才能、経験、将来の期待の人材を提供します。

  • 2014年にバーミンガム大学は、コンピューターサイエンスとITでイギリスの大学で一位にランク付けされました(ガーディアン紙)。
  • エクセレンス・センターには、アストン大学のコンピューター・サイエンス研究グループ(CSRG)、計算知能とアプリケーション研究のエクセレンス・センター (Excellence for Research in Computational Intelligence and Applications、CERCIA)を含みます。
  • セクターで32,000人以上の雇用者を有する英国でイギリス最大の技術クラスターの1つ
  • バーミンガムは、第四世代(4G)無線ネットワークを展開したイギリスの最初の都市の1つでした。
  • iCentrum – 3500万ポンドを投じたバーミンガム・サイエンス・パークのデジタル・プラザは、ソフトウェア開発のプレイグラウンドと技術インキュベーション施設を含みます。
  • ロンドンの世界初のデジタル・ハブの1つから75分。

 

環境技術

グレーター・バーミンガムは、対内投資のための世界的な代表地方の1つになっており、環境技術セクターのビジネスにとって適したロケーションとしてその名を広げています。この地域はすでに低カーボン燃料から廃棄物管理、生物エネルギー、太陽光発電に至るまで再生可能エネルギーのリーダーであり、イギリス最大の国内改造プログラムを提供し、持続可能な発展のためのモデル都市地域になるという目標を持っています。

バーミンガム市は、先導的な「緑の都市」になるという目標を持っています。計画方針、持続可能なエネルギー、CO2 削減、グリーン経済に焦点を置いた2013年のビジョン声明は、1990年のレベルに対して、2027年までに二酸化炭素の全排出量の60%の削減という野心的なターゲットの実現を目指す計画を示します。

  • 低カーボンと輸送技術におけるアカデミック研究の世界的センター
  • 価値ある専門知識と技術を提供する主要な大学、カレッジ、サイエンスパークは、機会を運びます。
  • 2013年のGBSとBC LEP地域のビジネス成長率は、6%で国家平均の3倍でした。
  • 主要低カーボン・セクターの800近くの企業で9,000人が雇用されています。

主要アセットへのアクセスは以下を含みます:

  • サステナビリティとイノベーション・センター(The Centre for Sustainability and Innovation)、ヨーロッパ・バイオエナジー研究所(The European Bioenergy Research Institute
  • 低カーボン研究センターと藻類バイオ燃料に関する専門知識、製品と保存、水素燃料電池(バーミンガム・シティー大学)
  • プレミアム・ビークル・カスタマー・インターフェース・テクノロジー(The Premium Vehicle Customer Interface Technologies、PVCIT)、エクセレンス・センター(ウォーリック・マニファクチャリング・グループ)。
  • バーミンガム・シティ大学は、水素燃料電池と貯蔵シリンダーからなる、排気ガスを発生しない世界初の入手可能な水素燃料細胞によるマストランスポートを開発しました。

 

飲食品

この地域では、多くの地元の小規模製造業者と並んで、地域に拠点を置くキャドバリー、クアーズ、ブルマーズといった多くの世界クラス・ブランドが重要な飲食品製造を行っています。地域内のいくつかの最先端企業は、新しい食物技術の革新を先導しています。

国内高速道路ネットワークの中心に位置するグレーター・バーミンガムは、ロケーションに関して食物配布に理想的です。ヨーロッパ市場への出入口であり、イギリス市場の90%の地域へ4時間以内にあるという事実から、国際組織や企業のヨーロッパ・ヘッドクォーターのロケーションとして、特定の機会を提供します。

地元市場も、バーミンガムの多様な人口を反映するエスニック料理の国内サプライヤーの成長を支持しており、特に輸出入市場では競争的利点が得られる地域であり続けます。ハラルとエスニック食品を含む専門知識とともに、生産と処理の中レベルのスキルは、すぐに利用可能です。

さらに、世界的食品技術と製造専門知識は、地域の大学と既存の研究開発アクティビティを通して開発されます。

  • 本質的顧客ベースへのアクセス、グレーター・バーミンガム卸売市場、SMEとミクロ企業の広範囲なサプライチェーン、優れた輸送リンク、豊富な優れた人材へのアクセス
  • 地元の大学の飲食品に関する専門知識、特にバーミンガム大学の製剤技術部とユニヴァーシティ・カレッジ・ロバーミンガムの食物イノベーション施設
  • このセクターでは、グレーター・バーミンガム地域の1,000社以上の企業2で28,500人1を雇用し、全体としてウェスト・ミッドランズの全域で1,500社以上で58,000人以上を雇用します。
  • 2009年以降ウェスト・ミッドランズで31の新しい飲食品FDIプロジェクトが行われ、健康的な対内投資レベル3

[1] Source: ONS Business Register and Employment Survey

[1] Source: ONS Business Counts

[1] Source: Regional Observatory Monitoring System        

  • 大きな国内市場へのアクセス、生産と研究開発の長い系統、ファーストクラス物流ネットワークのような主要アセット4
  • 4時間のドライブの範囲内でのイギリス市場の90%へのアクセス、ならびにバーミンガム空港により提供される国際的な連結性による優れた物流ベース

Your basket

0 items

Contact

Contact Us